西宮市|とみい眼科クリニック夙川-診療案内

とみい眼科クリニック夙川ロゴマーク
お問合せ0798-34-5575
タイトルアイコン診療案内

CLINIC OUTLINE

とみい眼科クリニック夙川は、眼の専門クリニックです。

 

眼の病気はたくさんの種類がありますが、どれも一生に関わってくる病気です。
ものもらい、めやに、目ばちこ、かゆみ、などの軽い症状や、お仕事の関係でよく眼を使う方に多い「ドライアイ」、ぼやけて見える、目がかすむ、白内障かも、お子さまが健診近視を指摘されたなど、眼に関することであればお気軽にご相談ください。

科一般診療

現在では年齢を問わずスマートフォンやパソコンなど目を使う頻度が多くなり、画面を長時間見続けるなど目に対する負担も増えています。
最近、目が乾く、目が疲れる、以前より薄暗く感じるなど、軽い症状であっても深刻な目の病気が隠れていることもあります、気が付けば早めに眼科受診しましょう。

【症状・疾患一例】

ドライアイ、眼精疲労、ものもらい、結膜炎、角膜炎、ぶどう膜炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、涙道疾患、屈折異常(近視・遠視・乱視)斜視、弱視、白内障、緑内障、飛蚊症、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、黄斑疾患、加齢性黄斑変性症、瞼下垂症など

眼科一般診療イメージ写真

眼科

眼科健診で、視力低下を指摘された方や糖尿病を指摘された方、眼鏡・コンタクトが合わなくなった、定期的に目のケアをされたい方など、当院では、視力検査をはじめ、眼圧検査や視野検査、眼底検査、斜視・弱視検査などさまざまな検査をおこなっています。

【主な導入検査機器】

■屈折度測定・角膜曲率半径測定・ 眼圧測定装置 
■3次元眼底像撮影装置

■自動視野計 
■干渉式眼軸長測定装置 
■スペキュラーマイクロスコープ

■視力検査装置など

眼科検査イメージ写真

どもの近視

とみい眼科クリニック夙川では、軽度から中等度の近視のを有しているお子さま(6歳から12歳まで)に対し、低濃度アトロピン点眼薬(0.01%および0.025%配合アトロピン点眼)による近視の進行を抑える治療をおこなっています。
アトロピンというお薬を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療(自費診療)となります。

 

近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%および0.025%配合させた点眼薬です。また、0.01%および0.025%アトロピン点眼薬は、他の濃度の点眼薬と比較して副作用が低く、かつ近視を抑制する効能を保持している点眼薬です。

こどもの近視を詳しく見る

こどもの近視イメージ写真

日帰り手術

当院では、日帰り白内障手術・硝子体手術・加齢性黄斑変性症治療 外眼部手術(眼瞼内反症・眼瞼下垂症・眼瞼皮膚弛緩症) 各種レーザー治療を行っています。

 

近年の白内障手術は切開創が小さく低侵襲で安全性も向上しています。
また、白内障手術で使用される眼内レンズも技術進歩により、単焦点レンズ、多焦点眼内レンズ(2焦点眼内レンズ・3焦点眼内レンズ・5焦点眼内レンズ)や視矯正機能を付加した眼内レンズなど患者様の生活様式に合わせて選択できるようになってきいます。

白内障手術を詳しく見る

白内障手術イメージ写真

ソケラトロジー

とみい眼科クリニック夙川では、軽度~中等度(-4Dまで)の近視の症状を有する20歳以上の方にオルソケラトロジーを用いた近視進行を抑制する治療を行っています。

 

オルソケラトロジー治療は「オルソケラトロジーレンズ」というコンタクトレンズを寝る前に装用して寝ている間に眼の角膜を矯正する治療方法です。
「角膜矯正用コンタクトレンズ」に分類され、一般的なコンタクトレンズの「視力補正用コンタクトレンズ」とは分類が違います。
日中はレンズをつけなくてもよいので、快適な生活が送れます。

オルソケラトロジーを
詳しく見る

オルソケラトロジーイメージ写真

ンタクトレンズ

とみい眼科クリニック夙川では、コンタクトレンズのフィッティング指導やコンタクトレンズ処方をおこなっています。

 

コンタクトレンズを装用される方が多くなりましたが、安易な使い方で眼を傷める、汚れたレンズを使用する、あるいは装用時間が長すぎて結膜炎を発症したといった事にならないよう、コンタクトレンズは眼科医の指導を受け正しい使用方法で装用し、定期的な検診を受けましょう。

コンタクトレンズを
詳しく見る

コンタクトレンズイメージ写真
WEB予約
新着情報

page top